未分類

JIS規格を制定

今までは、医療用かつらに関する基準というのがありませんでした。しかし、2015年に経済産業省が基準を定め、JIS規格を制定したのです。なぜ今まで基準を定めていなかったのかというと、それだけ日本の医療用かつらというのは、品質がよかったからでしょう。医療用かつらを使用する人というのは、頭皮に何らかの異常がある場合もあれば、ケガなどをしている可能性も十分あります。

そのため、どのような物でも着用できるというわけではないのです。特に女性が多く使用することもあり、髪型などにもこだわっている人が多いでしょう。そこでJIS規格を制定したことで、より高品質な医療用かつらが市場に出回ってくるでしょうが、やはり製造する企業などによっても多少異なっている点があります。ただし、日本全国どこで製造したとしても基準は一緒なので、品質が急激に劣るということはありません。

通常は医療用かつらを購入する前に、簡単なカウンセリングを行うところが多いでしょう。何が原因で髪の毛が抜けてしまい、医療用かつらを使用するのか、どのような髪形にしたいのかなどを詳しく聞くのが一般的です。顧客の要望をしっかりとかなえてくれることや、親切で丁寧に解説してくれる、もしくはアドバイスをしてくれる店を選びましょう。